【悩みをすぐに解消しよう】いぼ治療の種類を解説

女性

気になるいぼの治療法

ナース

いぼは意外と簡単に治療できる

いぼの治療というと美容皮膚科などで高額な費用を払ってするしかないと思っていませんか。確かにレーザー治療などは保険外なのでそれなりの費用はかかります。そのため治療を諦めている方もいらっしゃるかもしれません。実はいぼは保険内でも治療できるケースがあるのです。液体窒素を使った方法であれば、健康保険が使えます。液体窒素で患部を凍結させる治療法なので痛みはありますが、小さいものであれば千円くらいから治療が可能です。お金が心配だからいぼの治療は諦めていたという人は一度健康保険でできるのかどうか、一般の皮膚科に相談してみるといいかもしれません。保険外で良ければレーザー治療もあります。こちらは施術前に麻酔をして行うので痛みは少ないです。ただ、保険が使えないためにいぼの大きさに応じてそれなりの金額がかかってきます。このように治療法はいくつかありますが、気を付けたいのがアフターケアです。いったんかさぶたになってそれが剥がれ落ちて凹凸のない平らな肌が顔を出すわけですが、まずは気になるからとかさぶたをはがさないこと。無理に剥がすといぼが再発したり、シミとして定着する可能性があるので、かさぶたは自然に剥がれ落ちるまで待つことです。かさぶたが?がれたらそれで終了というわけではありません。顔を出した新しい肌はまだしっかり出来上がっておらず、刺激にかなり敏感です。こすったりメイクしたりなどの摩擦がNGなのはもちろん、紫外線もかなりの脅威になります。刺激によっていぼが再発したり、シミができる可能性があるので、刺激を与えないように注意しましょう。外部からのアフターケアはもちろん、生活習慣も大事です。肌も細胞からできています。生活習慣が乱れて新陳代謝が悪くなると、治るものもなかなか治りにくくなります。良質な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動など、健康的な生活習慣を心がけましょう。中でも特に気を付けたいのが睡眠です。肌のターンオーバーは睡眠中に行われると言われているからです。夜10時から午前2時までのシンデレラタイムはできれば寝ておきたいところです。