【悩みをすぐに解消しよう】いぼ治療の種類を解説

女性

いぼを効率よく治療

顔を触る人

短時間でいぼを綺麗に治療するには

デリケートな部位は外部からの刺激やダメージ弱い特徴があるため、加齢と共に古い角質が蓄積することで老化性のいぼとなってしまう場合が多いです。30代以降に出来やすい方が多く、屋外で長時間紫外線を浴びる時間が多いという方も紫外線によって肌が老化することでいぼができやすくなるため、若い世代の方にも肌トラブルとして起こりやすくなる特徴があります。悩んでいるなら治療をしましょう。通常いぼの治療は、一般の皮膚科で液体窒素を利用した治療方法が主流となっています。液体窒素をいぼの根本に押し当てて皮膚細胞を壊死させることで時間と共にいぼが黒く収縮していき、自然に除去されるまで放置します。保険診療内で治療を行えるので費用を抑えて除去をしたいと思っている方には向いていますが、液体窒素をあてた時に強い痛みが生じることや、綺麗になるまでに時間がかかるデメリットがあるのでもっと手早くケアをしたい方には美容皮膚科などで受けられるレーザー治療がおすすめです。医療レーザーを利用した治療方法は、1ミリ以下のいぼであればレーザーを照射することで根本から皮膚をくり抜いてしまうことで短時間できれいな状態に仕上げることが出来ます。照射にかかる時間も短く、数が多い場合もスムーズに処置を行えるので一度に気になるいぼを治療したいと思っている方に向いています。レーザーを照射した後は皮膚に赤みや痛みを感じる場合がありますが、アフターケアとして肌を冷却して、安静にしておくことで赤みはなくなり、へこんだ皮膚も時間の経過と共に皮膚自体が盛り上がってくるので元のきれいな状態をとる戻すことが出来ます。ただレーザー治療は液体窒素を利用した治療方法とは異なり、自費診療の扱いとなるので、クリニックによって治療にかかる費用や期間は若干異なってきます。そのため安心してケアをするためにもクリニックの情報をきちんと調べて信頼のおける医師がいるクリニックを探したり、美容情報サイトで実際に利用者の口コミをチェックしてみることで自分に合う美容皮膚科を見つける際に参考になります。